リフォームであなたのダイヤは何度でも美しくなる

価値あるものは永遠に美しく

ダイヤモンド

素敵なジュエリーはリフォームで生まれ変わり続ける

ダイヤやパールを持っているけど、古いデザインで自分で着けるにはどうも気が乗らない・・・と、せっかくの宝石をどう使っていいのか迷う内にお家で眠ってしまっているダイヤ達。そんな宝石を美しく蘇えさせることができるのがリフォームです。毎日使いでも華やかな場所でも、ご希望に合わせてデザインを作成するのであなたのお気に入りのジュエリーになるはずです。デザインにはセミオーダーとフルオーダーがあり、あなたのご希望に合わせてオーダーが出来ます。違いとしては、セミオーダーは予め決められているデザインからあなたの好みを探して制作する方法と、フルオーダーはご要望を一から聞き取りを行って、あなただけの完全オリジナルジュエリーをお作りする方法です。その際は、ダイヤ加工の職人はプロの方にお願いするので、安心してお任せください。別ページにて詳しいリフォームの手順をお伝えいたします。
次にダイヤモンドとパールのお手入れ方法に触れていきます。綺麗に保管しておけばいるでも輝きが保てます。

ダイヤとパールのお手入れ方法

ダイヤモンドは基本的に劣化しません。日光に当てても色みが変化することはありません。しかし、前よりもダイヤモンドの輝きが失われていると感じる方は多いでしょう。その原因は、ダイヤモンドの表面に油や皮脂などが付着しているからです。皮脂などがあることで、ダイヤモンドは光を通せなくなり、輝きが失われたと感じることに繋がってしまうのです。ダイヤモンドのお手入れとしては、まずボールなどにぬるま湯を入れます。そこに中性洗剤を溶かし、ダイヤモンドのジュエリーを浸します。すると汚れが浮き出てきますので、歯ブラシで隙間の汚れを落としたり、台座の裏側も汚れを取ります。汚れが落ちたら、ぬるま湯でよくすすぎます。タオルなどで水気をきって乾かしてください。きっと輝きがもとに戻っているはずです。
次にパール。パールは使い終わった後にきちんと拭いておけば基本的に汚れは落ちますが、頑固な皮脂汚れなどは柔らかい歯ブラシなどでブラッシングをして、綺麗な水で軽くすすぎます。柔らかい布で水気を綺麗にとり、自然乾燥をして乾かします。あまり水気を付着させたままにすると、パールが弱ってしまうので入念にふき取ることがコツです。

ダイヤは何代でも受け継いでいける

ダイヤは世界で一番硬い石ですよね。上記でお伝えしたようにダイヤは劣化しません。綺麗に磨き続けていれば永遠に輝き続けます。そのダイヤをお子さんやお孫さん、その次の世代にも受け継ぐことが出来ます。デザインは流行がありますがダイヤ自体は移り変わりませんので、ぜひリフォームで何度でも蘇らせましょう。

[PR]

ダイヤはリフォームが可能。
広がる選択肢に注目!

リフォームってどうやるの?

指輪

ダイヤリフォームの流れ

こちらのページでは、ダイヤのリフォームの手順をおおまかにご紹介しています。初めてダイヤのリフォームを依頼する方でも分かりやすくまとめているので、リフォームする際に役立てましょう。

READ MORE
広告募集中